FC2ブログ

適応障害で入院してましたが無事社会復帰し、中古マンションを購入しました。
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOP ≫ CATEGORY ≫ トラウマについて
CATEGORY ≫ トラウマについて
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

友達とトラウマ

入社して1年後
初めて後輩ができました。

5つ年下の男の子です。

彼をN君とします。


第一印象は取っ付きにくい雰囲気だなぁ
と思いましたが

しばらくして

『sumoriさんって
俺の彼女にそっくりなんですよね^_^』


と言われてから
なんとなく色々話すようになり


丁度その頃
少しハマっていたオンラインゲームを教えたところ


彼女さん のHちゃん(すぐにN君の奥さんとなる)
を紹介してもらい
3人でオンラインゲームで仲良く遊ぶようになりました。


そのうち
食事や買い物などにも誘ってもらえるようになり
あっという間に仲良くなっていきました。


Hちゃんは、私より二つ年上ですが
身長もわたしと同じぐらいで(146センチ)
笑顔がかわいい素敵な女の人でした。


久しぶりにできた友達です。


だけど
気を緩めると甘えすぎて
自分のダークな部分をさらけ出してしまいそうになり
注意が必要でした。


人との距離の取り方が
病気になる前と比べるとだいぶ慎重になっていました。

友達全滅経験もありましたし(汗






ただ
どうしても気になることが


Hちゃんが私を『女』として警戒しているのが
ビシビシ伝わってきてました。(-ω-;)

彼女の身になって考えると当然なんですけどね。


だけど私にとってはかなりキツイことでした。
。。。母の目を思い出します。

友達に『女』として警戒されるのは
初めての経験でした。


N君が女の人だったらどんなに良いかと何度思ったか知れません。


すぐに距離を置こうと考えたのですが
久しぶりにできた友達を
一緒に遊んだ時の幸福感を
失いたくないと思いました。


Hちゃんの警戒心も
付き合いが長くなればなるほど
なくなっていきました。

信用を作るのって
時間がかかる事ですよね。

本当に。。。。きつかった。。。。。( ; ; )




応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ
にほんブログ村

いつも本当にありがとうございます。
力が湧いてきます<(_ _)>
スポンサーサイト

母との関係

今日は少しヘビーな事を書こうと思います。
長文です(汗)

実は一昨日一度ブログにUPしたのですが
すぐに削除してしまいました(汗)

ですが
私の根幹になる事ですので、勇気を出してUPしようと思います。



読むと暗い気持ちになってしまうかもしれません。








私は母とは一緒に住んでいません。


適応障害でひきこもり生活だった頃も
住まいは別々でした。

一緒に住むと
お互い壊れてしまうからです。


母は私が未だにまともな恋愛ができず
一人で生きている事
生理が無い事に向き合うことができません。




中学2年の時の事件(?)が原因だと思います。
あの一件から私たちの親子関係は変わってしまいました。




前に「性的いたずら」と書いたのは
最後まで行く前にやめてくれたからです。

母いわく、
「彼だから途中でやめてくれたのよ。
 普通の男の人なら止められないものなのよ。」
だそうです。

こんな事があったのに
母はその男性と半年ぐらい付き合い続けました。

私と男性との関係を修復させるために
3人で旅行にもいきました。


そして男性と別れたあと
あの事件の被害者は自分だと言いました。


その言葉は私の小さい心を壊すには十分な破壊力です。




母は私の事を一番に考えてくれる
絶対無二の私の味方

と信じていた私には相当ショックな出来事でした。




でも不思議と
学校や友達の前では前と変わらず楽しく過ごす事ができていました。


家に帰っても
その話題を持ち出さないかぎり
母とも良好に過ごせました。


たぶん現実を受け入れられなくて
逃避してたんだと思います。
(それは母もだと思います)

このことで母を責めると
母はいなくなってしまうかもしれない。
と恐れていたのかもしれません。



許容範囲を超えたショックを受けるとある種の防御壁がはたらくのかも。


でも体は正直で生理は来なくなりました。




こんな事があったのに
私は母をどうしてもキライになれません。
とても大事な人です。
でもそれは
私が一人になりたくないという利己的な理由なのかもしれません。




母と一緒に暮らすと私は壊れてしまいます。



それは母も同じです。


気の強い人ですが
とてももろい人でもあります。


なので今の距離感がお互いのためには一番良いと思います。





応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ
にほんブログ村

はじめまして

はじめまして。


ここでは、私が誰にも言えない・相談できない日々の事をつづっていければと思っています。

年を重ねて、39歳になりましたが、気が付けば
本当に不安な事や、これからの事を相談できる人は周りにいない事に気づきました。
たまに不安に押しつぶされそうになりますが、表に出さないようにして何とか生きてます(汗


私は普通の人とは少し違う人生を送ってきました。
中学2年の頃、当時の母の恋人に性的いたずらを受けました。

その時の精神的なショックから生理もとまり、ただひたすら「女」になりたくないと
同世代の人より幼くあり続けようとしてました。(今でも生理はありません(汗)

好きな人ができた事はありません。

でも孤独は怖いので、わらにもすがる思いで
「好きだ」と言ってくれる人とはとりあえず付き合います。
(相手にはとても悪い事をしました)

ですが、性的接触はどうしても拒否反応が出てしまい、そうなる前に別れてしまうので長く続いた事はありません。

こんな状態ですから、若いころから「ひとりで生きる」をリアルに考えてきました。

仕事で頑張ろうとはりきってもうまく行かず、突然足に力が入らなくなり
適応障害と診断されて入院
1年半ひきこもっていましたが(一人暮らしなのに(汗)

なんとか社会復帰して約10年
念願の中古マンションを購入できました。


それでも、将来への不安や仕事の不安
たった一人の肉親である母が死んだあとの孤独に自分が耐えられるのか
という不安。

男の人への恐怖感(これはだいぶ薄らいでいますが)
性的接触への拒絶反応(これは健在)

でも、なんとか前向きに生きようと頑張っています。

会社では「打たれ強い」とか「天真爛漫」とか言われるキャラクターです。
こんなダークな一面を持ってるなんて思えないでしょうね(汗)

ただ同じ会社に10年
さすがに浮いた話も全然ないのでリアルにレズだと思われているようです(汗

もちろん違いますw

とにかく何とか前向きに、せっかく買ったマンションを住みやすく素敵に使っていきたいと思っています。
また、ショッピング(雑貨や小物系)が大好きです。

そちらも紹介できればと思います。

こんなsumoriを
どうぞよろしくお願いいたします。



応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。